Menu

ベビー服にはどんなものがあるの?

0 Comment

初めて赤ちゃんをお迎えするというお母さんにとって、悩むのが出産準備です。出産準備のリストを見ると準備しなければならない項目がとても多く、何をどのくらい準備していいのかわからない、聞いたことがない名前のものがあるなど、頭を悩ませてしまいます。特にベビー服は、いろいろな種類があって、知らない名前がついていて、どれを購入してどのように着せればいいのかわからなくなってしまいます。

赤ちゃんの衣類の準備としてまず必要なのが、肌着とウェアです。これらを総称してベビー服と呼ばれることが多いのですが、例えば、肌着の種類には短肌着や長肌着、コンビ肌着などがあり、短肌着を基本の肌着として気温に応じて長肌着やコンビ肌着、ウェアを組み合わせて使用します。首がすわらない時期は、寝かせたままでも着替えがさせやすいように、前開きで紐で留めるタイプがほとんどです。新生児のころはおむつ替えや着替えなど頻繁に行うことが多いので、着替えさせやすいことが重要なポイントとなります。

ベビー服のウェアの種類には、股下が開いていておむつ替えが楽にできるベビードレスやトップとボトムスが繋がっているロンパース、股下にスナップがあって、留め方を変えることで2通りで使うことができるツーウェイオールなどがあります。中でもツーウェイオールは切り替えて使用することができるので、新生児の時期から1歳ごろまで長く使用することができ便利に使用することができます。ここではツーウェイオールについて詳しく紹介させていただきます。